HOME社会保険について労働保険について助成金について業務委託のメリット労働相談Q&A事務所概要お問合せ
税金より高い!社会保険を少しでも取り戻す方法とは?
厚生年金に健康保険、さらには雇用保険。たっぷりと給料から徴収さてれいる社会保険。
なんとか軽減する自衛手段はないものだろうか?
サラリーマン世帯の9割以上に、所得税や住民税を合わせた税負担より、年金・医療などの社会保険料負担のほうが重いという現象が起きている。厚生年金に健康保険。

重い年貢もかくや!とばかりにガッツリ徴収されているわけだが、そもそもどうやって社会保険の金額は算出されているのだろう?
社労士の村澤詩子氏に話を聞いた。「健康保険なら47等級、厚生年金は30等級ある標準報酬月額早見表がありまして、そこに自分の月額の総支給額をあてはめて算出します。

ただし、厚生年金に関しては平成29年まで段階的引き上げが行われていて、毎年0.354%ずつ上がっているんですよ」

一見、大したことのない数字だが、チリも積もれば何とやらだ。「この社会保険料の算定時期ですが、1年に一度、4,5,6月の総支給額の平均値で決定されます。

少しでも社会保険料を低くしたいなら、その3ヶ月はなるべく残業をしない、つまり残業代を減らすこと。

これが、社会保険料を低くするひとつの方法です。」ここで言う総支給額には交通費や残業代まで含まれる。せめて、基本給で計算してもらえれば、もう少しラクになるんですけど。

「けれど、年金に関しては高く納めたものは高く返ってくることになっていますし、健康保険も、出産手当金などが返ってきますから」せめて、副業を持つサラリーマンが間接的に恩恵を被ることができる助成金なんてのは?「助成金は年度ごとに変わりますので、ちょくちょくチェックするといいですよ。今、注目されているのが子育て助成金。

これは、育児休業取得者か育児短時間勤務適用者が初めて出た企業(従業員100人以下)に1人目は100万円、2人目は60万円の助成金が出るというもので、従業員が社長を促して申請し、職場復帰の足がかりにするケースも増えています。

育児ですから、男女平等に適用されますしね」企業に出る助成金だが、社長に交渉したらキャッシュバックで10万円ぐらいもらえるかも!?
HOME社会保険労働保険助成金のご紹介業務委託のメリット労働相談Q&A事務所概要プライバシーポリシーお問合せ
村澤社会保険労務士事務所

〒124-0011 葛飾区四つ木1-30-3 デュー四ツ木603 TEL: 03-3693-7248 FAX: 03-6379-5355